英虞湾自然再生協議会 > 英虞湾の現状と問題点

英虞湾の現状と問題点

英虞湾の概要と周辺利用の状況


英虞湾の海域面積は約25平方キロ、平均水深は約10mで、東西に伸びた湾央部とリアス式海岸の特徴である、細長く枝条に伸びた湾奥部があります。湾の入り口が17mと浅く、湾央部は40mとすりばち状になっており、湾奥部が複雑に入り組んでいることから、特に海水の交換が少ない(閉鎖性が強い)湾であると言えます。

2006 年(平成 18 年)末現在の英虞湾沿岸(浜島町、阿児町、大王町、志摩町)の人口は51,213人 (※1) で、 1965 年(昭和 40 年)の53,190人 (※2) と比較すると1,977人の減となっています(図1)。

また平成12年の経営耕地面積は264 ha (※3) で 1965 年の2,201 ha (※3) と比較すると1,937 ha と88%も減少しています(図2)。

1960 年代後半から大型の宿泊施設やゴルフ場などが建設されましたが、汚濁型の製造業の立地はほとんどなく、小規模な事業所が中心となっています(図3)。

英虞湾では「御食国」と呼ばれていたことからもわかるように、古くから沿岸漁業が盛んに行われていました。しかし沿岸漁業の漁獲量は 1960 年代後半から急激に減少 (※4) し、その後回復する傾向は見られていません(図4−1)。また、カキやアオノリ養殖の生産量も徐々に減少する傾向にあります(図4−2)。

(※1)志摩市住民基本台帳データ。太平洋沿岸域の人口を含みます。

(※2)国勢調査ダータ。太平洋沿岸域の人口を含みます。

(※3)農林業センサス。太平洋沿岸の耕地面積を含みます。

(※4)三重県漁業地区別統計。英虞湾内に限定できる地区のみを集計。

図1.人口推移

図2.耕地面積推移

図3.事業所数推移

図4−1.漁獲量推移(沿岸漁業)

図4−2.漁獲量推移(養殖漁業)

上へ戻る

英虞湾の環境の現状と問題点

健全な環境とは?

生き物は活動したり成長したりするために、食べ物を食べ、不要な分は体外に排出します。

英虞湾の中でも同じようなことが起こっており、陸上から人間の生活排水や落ち葉、動物のおしっこやフン(これらを「モノ」と呼ぶことにします)が流れ込むと、英虞湾の中にすむアサリやゴカイ、ナマコなどがこういった「モノ」を食べて成長します。
また水中に溶け込んだ「モノ」を吸収して、アオノリやアマモなどの海藻が育ちます。これらの生き物はやがて魚や鳥、人間に食べられたりして、再び英虞湾の外に出て行くことになります。

このように「モノ」が、さまざまな生き物に形を変えながら、英虞湾の内外を行ったり来たりすることを専門的には「物質循環(ぶっしつじゅんかん)」と呼んでいます。
英虞湾に入ってくる「モノ」と英虞湾から出て行く「モノ」のバランスが保たれており、その量が多いほど、またそれに関わる生き物の種類が多いほど、豊かな自然環境が形成されているということになります。

英虞湾の環境の現状

英虞湾では明治時代には赤潮が発生していたことが記録されています。しかし、英虞湾の環境が大きく変化したと考えられるのは、昭和 30 年頃、夏になると海底近くの酸素がほとんどなくなってしまう「貧酸素化」が発生するようになってからです。
これは当時急激に真珠養殖が増加したことにより、アコヤガイのフンなどが大量に海底に落下し、海底にすむ小さな生き物(微生物)がこれらの「モノ」を食べるときに大量の酸素を消費したことが原因であると考えられています。

海底の酸素が少なくなると、二枚貝やナマコなど海底にすむ生き物が死ぬようになり、海から陸へ取り上げられる「モノ」の量が減ることで、さらに大量の「モノ」が「ヘドロ」となって溜まるようになりました(図4)。

海底に溜まったヘドロの中に含まれる「モノ」の量の目安となる「COD(化学的酸素要求量)」の値は、現在でも増える傾向にあります(図5)。

 では、最近では、真珠養殖業の経営体数が少なくなっているにもかかわらず、このような状態が続いているのはどうしてなのでしょうか?

 その原因として次のようなことが考えられています。

  1. 陸上からの生活排水の質的・量的な増加
  2. 干潟、藻場の埋め立てにともなう英虞湾の浄化作用の低下
  3. 農薬、合成洗剤など化学物質の流入による生物への悪影響

これらはすべて、この地域に住む私たちの生活や産業活動が原因になっていると言えるのではないでしょうか。

 言いかえれば、英虞湾の環境を悪くしているのは、私たち自身だということです。

上へ戻る